開運吉方位を実践しているのに、逆に悪いことが起こりました!どう解釈したらいいの?

money

せっかく開運を願って開運吉方位を実践しているのに、なぜか事故をおこしてしまったという二黒土星の方からメッセージをいただきました。

こんなことがあるとガックリですよね。では、この現象について考えてみたいと思います。

なぜ、事故は起きたのでしょう?

私の以前からのブログを読んでいただいている方はお気づきだと思いますが、私は気学を魔法だとか化学変化のように、ある日突然キラキラと効果が起きるものとは受け止めていません。

だから、今回の二黒土星さんのお話もわかりますし、私自身も吉方位へ行ったのに悪いことが起こることはよくあります。

ただ、表面的には悪い出来事も長い目で見た場合、必要なことだったと感じることは多くあるものだと思っています。

頑固でスタンドプレーヤーな私にたびたび起こる事件

私などは頑固でスタンドプレーヤーなので、誰かの忠告をきちんと聞かないところがあります。ダメですよね〜。でも、そんな自分を諭すように起こるのが、頑固なところが受け入れられずに仕事を断られたり、協調性がないと担当者から注意されたりするのです。

これはマズイ現象だとは思うのですが、私が成長するためには・・つまり人の話を聞いて協調することは私には大事な精神修行だからこそ起こる必要な出来事なのです。

これは、私がしっかりと納得し習得するまで何度も私のまわりに同じような事件が起こるのだと思います。

だから、私たちに起きる出来事は、良い出来事も悪い出来事も「大事なメッセージ」であることは間違いないのではないでしょうか。

本来なら、私自身がもっと早く自分の短所に気づき、修正したり自分に向き合ったりすることで解決しておくべきだったのですが、それができなかったせいで、こうやって事件となってやってくるのではないかと思っています。

ハインリッヒの法則とは?

ところで、ハインリッヒの法則という言葉をきいたことがあるでしょうか?

この法則は、 労働災害における経験則の1つで、 1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという法則です。

これは、多くの事柄に使えるということで、労働災害だけでなく、事件や事故、はたまた人間関係などでも応用されて使われている考え方です。

つまり、大きな事故を起こした人は、必ず過去に小さな事故がいくつもあり、「何かおかしい」といった異常がとても多くあるはず・・という考え方です。

今回の二黒土星さんの事故が、この「重大事故」にあたるのか事前の「軽微な事故」にあたるのかはわかりませんが、人の命にかかわる事故でなかったということは、事前の警告であった可能性もあります。

この時点で「注意しましょう」というサインであったかもしれません。

ただ、この事故を「吉方位に行ったのに損した」で終わらせるのはもったいないと思います。大切なメッセージに気づき、対応していくことができるのではないでしょうか。

806f2f845fd93c56f8efcb84897e70d7_s

大事なメッセージはどうやって送られるのか?

大事なメッセージは、実際の事故や事件などによって知らされることもありますが、夢や書籍などからも受け取ることができます。

怖い夢などを見ると「わー夢でよかった〜。でも、気をつけよう」と行動が慎重になったりしませんか?これが小さな警告だと思っています。

でも、実際は何も起こっていないわけですから、セーフですよね。

このように、メッセージを先取りすると実際の出来事が起こる前にエリを正すことが出来るようになってきます。

だから、読書などはおススメです。自分に対してのメッセージと感じる本を手に取り、自分に照らし合わせながら読むことで、きっと大事なメッセージが送られてくるでしょう。

大切なのは、メッセージをどう解釈するのかということ

私自身、吉方位へ旅をする祐気取りをもう何十回と行っていますが、すぐに効果が出ることは少なく、それでもコツコツと続けています。

飛行機代や宿泊費などを払って何も効果がない時は、正直「マイナス〜」とヘコみますが、そう思う自分に「喝!!」を入れて頑張っています。

例えば、私の心がマイナス(ネガティブ)の気持ちで占められているのだとすれば、まずはそれをゼロに持っていく必要があって、ゼロになってはじめてプラス(ポジティブ)に転じていくのではないかと思っています。

私は2014年は思いっきりマイナスになりましたから、今はせっせとゼロに戻しているところです。だから、すぐに良いことが起こらなくても仕方ないのです。

また、トラブルとしてあらわれるのは・・

お金に課題がある人は、お金のトラブル

人間関係に課題がある人は、人間関係のトラブル

といった具合に、私たちが解決すべきテーマがトラブルとなって現れることが多いので、トラブルによって自分の課題を占ってみたらわかりやすいと思います。

d653e3fba729442ae2f9120a75a54644_s

心を整えるには、日々の気持ちを残す日記がおススメ

とはいえ、私たちは日々の生活に追われ、なかなか自分に向き合ったり、エリを正すことを後回しにしてしまいます。

でも、自分を成熟させ心を整えることは開運するには絶対に必要なことで、そのための気学であり、祐気取りなのです。

そんな場合にやってほしいのが、「日記をつける」ことです。

夏休みの課題ではありませんが、自分の成長を日記によって観察していくのです。

これはブログでもいいし、自分だけのノートに書いていくのもいいでしょう。夢の内容や読んだ本、トラブルの内容で課題も見えてきます。

後で読み返していくと、自分の考え方がわかったり、強い期待・・つまり心の乱れが見えてくると思います。

こういった心を整えていくことを、気学や祐気取りを実践するのと同時に行っていくことで、効果が出やすくなってくると思いますよ。

まとめ

今回の二黒土星さんもそうですが、起きた出来事には必ず意味があると思います。せっかくのメッセージですから、ぜひそれを最大限に活用して、魂の成長に役立ててください。

また、何かが起こったあとに対処する習慣から、何かが起こる前に大事なメッセージを受け取るクセをつけると大きなトラブルを回避できるようになると思います。

そういう意味でも自分と向き合う時間をもっともっと大事にしてください♪

気学カウンセリングを受けてみませんか?

にほんブログ村 旅行ブログへ

Pocket

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. みなみ より:

    早速 色々な観点からのアドバイスをしていただきましてありがとうございました!
    昨日の事故があったからこそ、今日は運転が慎重になったおかげで 危うく人をはねずに済みました。いつもはまさか大丈夫でしょ、と思って会社から道路に飛び出すのですが もし、今日もいつも通り出ていたら自転車を吹っ飛ばして命を奪っていたかも…
    どれだけ徐行でも車にあたると酷いことになると昨日みにしみたので本当に気をつけたい。
    幸いにも事故の相手は車を直さない明確な理由があり、示談で済むようなのでラッキーな気がしますし。 出来事から受け取るメッセージはその都度ノートに書いて残していきたいです。ありがとうございました!

    • kigaku24 より:

      みなみさん、こんにちは!
      ブログを読んでいただき、またお返事をありがとうございます。
      無事に物事が収まり、良かったですね♪

      私たちの言動で一番危険なのは、感情的になる瞬間だと思うのです。
      これで全てが台無しってことあります。今まで積み上げた信用や実績を感情ひとつで失うのは辛いですよね。
      ぜひ、これからも気学を活用して人生航路を進んでいきましょう!