転職はタイミングが成功or失敗を左右する?タイミングを見極める時におススメの方法とは?

career

前回、ネガティブな感情を理由にして人生の方向性を決めるような決断をするのはちょっと待って〜という記事を書きましたが、だからといって転職のタイミングをつかめなくてズルズルと嫌な仕事をしつづけるのも嫌ですよね?

こんな仕事辞めてやる〜!と決断する前に気学実践者なら考えて欲しいこと こんな時にどうやってタイミングを見つけたら良いのかですが、私は気学をオススメしています。

気学ってなぁに?

ちなみに気学(九星気学)についてざっと説明しますと・・(お借りしましたー)

生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。方位の吉凶を知るために使われることが多い。九星術を元に明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたものと、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称される。生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。九星と十二支は年・月・日・時のそれぞれにあるが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされる。

簡単にいうと、生まれ年と生まれ月によって運勢や吉方位があり、運勢に従って行動したり、吉方位へ旅をしたりする(祐気取り)のです。

経営者の方などはこの祐気取りを実践されている方はとても多くて、私自身も独立後、うまくいかない時期に偶然に気学に出会い、それからはコツコツと実践しています。

私自身効果を実感していますので、万策尽きた方や疲れ切った方などは、一度試してみたらどうかと思っています。

なぜ気学を信じているの?

超仕事人間だった私に訪れた挫折

d84490dae7ffc6ad8cb98dd030a72a4d_s 私自身、約10年前に家族が病気になり入院の付き添いなどがあったので、フリーランスの仕事を3ヶ月くらいお断りした時期がありました。

それまでは、超仕事人間で独立してからはどんなに忙しくなっても絶対に仕事を断ることはしなかったのですが、家族の一大事ですから断腸の想いで決断しました。

案の定、多くの企業はすぐに別の外注先を探し、私が復帰してからもお仕事が戻ることはありませんでした。当たり前ですよね。当時は本当にご迷惑をおかけしました。

突然、月に数万円しか売り上げが上がらないようになり、はっきりいってどん底を味わいました。復活するのに何年かかるのだろう・・とぼーっと暗い部屋で三角座りをしていたことを今でも覚えています。

そんな中、「どん底」とか「八方塞がり」というキーワードで、ネット検索を繰り返した結果、偶然にも気学にたどり着いたのです。

私がどん底を味わった年は、まさに八方塞がりの年だったのです。

これを知った時、私は「救われたー」と思いましたね。家族のせいでも私の判断ミスでもなく、気学でいう悪い時期にあったことに救われました。本当に。

初めて行った祐気取り

そんなどん底で顔色も体調も悪い状態でお金もない中、定期預金を切り崩して気学で知った祐気取りをはじめたところ、ちょうど運勢が切り替わる時期だったこともあり、わずか数ヶ月で売り上げが100万円を超える月が連続して4ヶ月続きました。数万円からの〜ですから本当にホッとしました。

ただ私は「これは自分の頑張りだけではない、気学のおかげだ」と痛感して、今でもへこたれずに気学を実践しています。(途中、離脱してましたけど) また、最近では同じように「八方塞がり」で苦しんでいる方がいるのなら、大丈夫だよ!と伝えたくてブログを書いたり、気学カウンセリングなどもさせてもらっています。

転職や独立のタイミングを気学で決めることのメリット

でも、気学は魔法でもなく、化学変化でもありません。私たちが、感情や思いつきで突っ走ってしまいがちな間違いを正してくれる「監督」もしくは「羅針盤」だと思っています。 そんな中で、私が気学で転職や独立のタイミングを決めることをオススメする理由としては以下の3つがあります。

  1. ネガティブな感情に振り回されない自分を育てていける。
  2. 自分のことを冷静にコントロールできるようになる。
  3. 他人の評価や一般論などが気にならなくなる。

1や2は自分自身の弱さに負けてしまわないように、気学を使うという意味合いですね。

自分の弱さって、一番の敵になるときがあります。 また、3の他人の評価や一般論というのは、自分に自信がなくなったときなどは、特に影響を受けやすくなります。

でも、この他人の評価や一般論も当てにならないことが多いのは事実です。

多くの人が他人に話している内容は、実は自分に対する言い訳だったり、都合の良い内容だったりするのです。これにいちいち振り回されることは本当に非効率なのです。

だから、本当に強い人は気学とか占いとか頼らなくてもいいと思います。でも、何かをよりどころにして頑張れるなら、それもいいかなって私は思っています。

気学の運勢の流れとは?

では、実際に私たちは今どんな運気の中にいるのか、転職や独立のタイミングにいるのかをみていきたいと思います。

こちらは2015年の年運です。2015

〈あなたの本命星は?〉

・一白水星 昭和20年、29年、38年、47年、56年、平成2年、11年

・二黒土星 昭和28年、37年、46年、55年、平成1年、10年

・三碧木星 昭和27年、36年、45年、54年、63年、平成9年

・四緑木星 昭和26年、35年、44年、53年、62年、平成8年

・五黄土星 昭和25年、34年、43年、52年、61年、平成7年、16年

・六白金星 昭和24年、33年、42年、51年、60年、平成6年、15年

・七赤金星 昭和23年、32年、41年、50年、59年、平成5年、14年

・八白土星 昭和22年、31年、40年、49年、58年、平成4年、13年

・九紫火星 昭和21年、30年、39年、48年、57年、平成3年、12年

注:1月1日から節分(2月3日か4日)までに生まれた人は前年の九星になります。

まず、上記からあなたの生まれ年で本命星をもとめてください。例えば、昭和51年生まれならば六白金星です。

2016年の運勢がわかります。

それぞれの今年の運勢は?

では、2015年の六白金星の方の今年の運勢はどうなのでしょう?

グラフを見ると、左から6番目に六白金星がありますが、うーん、最低レベルです。

芸能人の高橋ジョージさんや元プロ野球選手の清原さんなどが当てはまります。

かなり運気が落ちていますね。 ここまで運気が落ちていると当然転職や独立はうまくいかない可能性が高いといえます。

また、一白水星や三碧木星、八白土星もかなり運気が落ちている年だといえます。

2015

2016年の運勢がわかります。

今年、転職や独立が向いているのは・・

2015年は二黒土星は運気が最高レベルで高いですが、ここまで高い時期に転職や独立をすると、来年以降がしんどくなりそうです。

また、二黒土星は来年は私がどん底を味わった八方塞がりの年。今から動くのはすでに遅いといえるかもしれません。

そういう意味でみると、七赤金星も来年は運気が落ち込むのであと半年で、転職や独立をして軌道にのせるのは難しいかもしれません。

ですから、今年でいうと、四緑木星や九紫火星が転職や独立のタイミングといえるでしょう。 運気は今の運気だけでなく、数年先の運気も見据えて計画を立てるといいですね。

今がタイミングじゃなかったら、どうすればいいの?

残念ながら、今はタイミングではない方は、以下のことを検討してみてはいかがでしょうか?

1.今の仕事で残らず成果を上げてしまう

これは今が運気の良い方に当てはまります。きっと今の職場でもっと成果を上げらえるはずです。そうすることであなた自身の運気を底上げすることができます。

今年でいうと二黒土星や五黄土星、七赤金星などは今年中にザックザックと成果を上げてしまいましょう。

2.次に何をするか情報収集などをする

これはまだ先が見えていない方が当てはまります。いろいろな人に会ったり、ネットや本などで可能性を広めていきましょう。

3.自己研鑽などインプットをして知識やスキルを身につける

当たり前ですが、今のままでは同じレベルのことしか出来ませんから、より高い目標を立てるならインプットは必ず必要です。

どうせなら、オファーなどのお声が掛かるくらいまで勉強しましょう。 私は、行動も大事ですが、何をするかを考え、情報収集し、インプットの繰り返しを何度もしてから、満を持して!の行動だと思うのです。

ただのインプットオタクはいただけませんが、準備もなく思いつきで行動すると、アリとキリギリスのキリギリスになってしまう危険があると思っています。

運気の悪い時期に無理やり居座ったOL時代

私の話でいうと、まだ気学を知るだいぶ前のことですが、OL時代に転職したかった時、社内でも辞める人が多く「どうする?やめる?」といった時期がありましたが、私は天中殺が来ていたために無理やりに2年間居座りました。

さすがに天中殺なだけに、かなりのミスや不手際がありましたが辞めさせられることはありませんでした。

でも、私の目標は2年間居座ることでしたから結果的にバンザーイでした。(精一杯ミスしながらも頑張りましたけどね)

そして、その居座った期間にソフトの勉強などをめちゃくちゃ頑張って、次の仕事に活かしました。

おかげで本当にすぐに役立つことが出来てよかったのです。

だから、数年準備するというのは今では私のなかではあたり前です。

資金のない人はなおさら。それぐらい転職や独立は大変なことだと思ってます。

そう考えると、すぐに転職や独立のタイミングが来ていなくても、すぐにやることはいっぱいありますよね。

まとめ

いろいろと長々と書いてしまいました。もしここまで読んでいただいている方がいるなら、素晴らしい。ありがとうございます!

では、今回の転職や独立のタイミングを気学で決めることのまとめとして・・

人生の羅針盤(占いでも師匠でも)があれば、迷いがなくなる

→無駄な動きがなくなる、失敗が減る

タイミングを無視したくなるのは、心の乱れが原因

→動くより深呼吸の方が大切かも

コレ!と決めたらあまり迷わずガイドラインとして活用すべし

→自分に甘いことを言う人を探すジプシーになったらダメですよ〜  

以上が、私の考える人生のタイミングの時期の渡り方です。

このサイトでは年の運勢や月の運勢をアップしています。

ぜひ、羅針盤としてお使いくださいませ。

Pocket

スポンサーリンク

フォローする