易カード アマゾンで販売中!

eki19

易カードで自分の運勢を占ってみませんか?

易カードはタロットカードの日本版(アジア版)のようなものです。

易は古代中国において生まれたもので、万物を陰と陽に分け、その形からの偉人の思想を解釈して占うものです。伝説上の帝王伏犠と、周王朝を開いた文王、孔子によって作られたと言われています。

易は常に変わり続けるものだという考えが根底にあって、良い時期も悪い時期もいつかは終わり始まるといったものです。

ですから、どん底の時や何をやってもうまくいかない時などに、きっとあなたを下支えしてくれると思います。

また、易カードに出てくる6本の棒、つまり『卦』は陰と陽の3本の画を重ねたもので『天・沢・火・雷・水・山・地』という自然のシンボル(八卦)の組み合わせからなります。これが64パターンになりますので、易カードは64枚です。

古代の思想から、今の私たちの生活上の悩みに何かしら光をあたえてくれると信じているあなたにとって、易カードはきっと役に立つことになるでしょう。

また、占いとは答えを探すものではなく、方向性を指し示してもらうものだと思います。

ぜひ、当たり外れに振り回されるのではなく、あくまでも『主役は自分』ということ忘れずに生活のプラスになるようにお役立てくださると良いかと思います。

どうやって占うの?

占い方はとっても簡単です。カードを選択するだけです。

ただし、占う前に『何について聞きたいのか?』ということを自分の中で具体的に整理をし、そしてただ幸運を待つのではなく、自分でも行動していく意志を持てば、きっと納得のいくカードを選ぶことができるようになります。

あとは、タロットカードのようにピンときたカードを選びましょう。

eki1

易カードを何度かシャッフルをして、『三番目に上に出たカードを選ぶ』といった具合に、自分でルールを決めると良いでしょう。

eki7

また、テーブルに並べてピンきたカードを選ぶ方法もあります。

その選んだカードが『本卦(ほんか)』といってメインとなる答えです。
意味合いは、カード面に書いてある一言メッセージと、吉凶判断、また付録の説明書で具体的に意味を感じ、自分の状況に合うように解釈してみましょう。

IMG_0206

また、さらに慣れてきたら付属のサイコロを使って、本卦をもっと詳しく解釈していきます。

サイコロの数字によって、吉凶判断、また付録の説明書でご確認ください。
あくまでもメインは本卦ですので、サブ的な役割としてメッセージをお受け取りください。

赤枠の部分が、本卦の説明です。メインのメッセージとなります。

eki9

また、説明書の下には『相手や環境』、『この状況を解決するために必要な事』も書いていますので、ご覧ください。

説明書には、サイコロの目に合わせて、1から6まで説明があります。

本卦のサブ的な追加の説明として参考にしてください。

この内容は、易カードの専用サイトにも記載してあります。

また、その下には相手やあなたを取り巻く環境について、そして、今の問題を解決するためのポイントが書いてあります。

持ち運びにも便利!

また、こちらの易カードはコンパクトなので外出時にも一緒に持ち歩いて、判断に迷った時などにご利用ください(お客様のご意見によってコンパクトなケースに変更しました)。

スポンサーリンク

フォローする