吉方位へ行って身も心もリフレッシュ&摩訶不思議なパワーをチャージする方法!

あなたは吉方位を気にしたことはありますか?

吉方位って何?

以前に「パワースポット」という言葉が流行りましたが、この意味は以下のようになります。

パワースポットとは
地球に点在する特別な“場”のこと。エネルギースポット、気場とも言う。

このような場所へ行くと、「空気が変わった」とか「良い気分になった」ということはありますよね。

そのパワースポットへ意識的に行くことで、どんどんポジティブな自分に近づけて行くことができます。
良い環境にいることで自分も良くなって行くというイメージですよね。

また、さらに効果的だと私が思っている方法があるのです。

そのパワースポットへ行く方位を、自分の生まれ年とか行く時期でよりベストだと思える良い方位へ行き、泊まったり過ごしたりするのです。

「雪と温泉と美女雪と温泉と美女」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

知らないと損しているかも?

・・・「いちいち方位なんか気にしていたら面倒!」という方もいるかもしれませんが、もしかするとあなたが知らないだけかもしれませんよ???

じつは結構多くの方・・またこれを言ったら一部の方に「言うなよ」と怒られそうですが、特に経営者とか歩合でギャランティーを得ている方の何割かの人は、日々の忙しい業務の中でわざわざスケジュールに旅の予定を組んで、この吉方位へ行っているのです。

神社などでいかにもお金持ち風の方が一人でお水取りなどをしている風景を見たことはありませんか?

なぜ?そんなことをするの?

それは、それぞれの人に聞いてみないとわかりませんが、私は当たり前ですが「効果があるから」だと思っています。

私自身もフリーランスとして働いているのですが、以前の従業員だった頃のように決まった金額が毎月振り込まれるわけではないので、仕事が暇になるともう恐怖感でいっぱいになってしまうのです。

壁にもたれさす

独立した当初は若さの勢いとか、根拠のない自信などで突っ走っていたのですが、収入が増えてくると「この状態をキープしたい」と思うようになってきたのです。

この状態をキープするということは、もう変わりたくないということ。チャレンジして失敗したくなくということ。自営業者にとっては危機的状況。

いわゆる幸せ病、ぬるま湯状態におちいってしまったのです。

本来なら、この状態に自分で気づきすぐに軌道修正しないといけないのですが、ここが安定を求めてしまう人間の性なのでしょう。
なかなか自分で立て直すことができずにいました。

吉方位って宗教っぽくない?

そんな中でネットで見つけたのがこの吉方位なのです。

もともと占いとかは好きだったのですが、さらっとチェックする程度でしたし、まさか占いをもとに旅に出るとは思いませんでした。

また、「宗教みたい」とか「実証がない」などと最初は毛嫌いしていました。

でも、それでも売り上げが上がらない日々に耐えかねて無理に吉方位へ旅立ちました。

吉方位でお仕事の電話が・・

行きたくもない旅行。

そもそも旅なんて嫌い。

一人で旅に出るって悲壮感でいっぱいでしょう?

こんなことして何になるの???

こんな思いで周囲の人間が首をかしげる中で、初めて金沢行きのバスに乗ったことを覚えています。

この時のことはプロフィールとか以前のブログに書いていますが、私が覚えているのは金沢へ行って兼六園をフラついていると、さっそくとても親切な経営者の方に声をかけていただき、旅に来た経緯などを聴いていただけました。

すると経営の先輩としてなのか、「いつでもおいで」と住所の入った名刺と「この旅が意味があったと思えるよう頑張れ」という応援をいただき、素直に頑張ろうと決意したことを覚えています。

また、そのあとに行った天然温泉でゆっくりしていると、既存のお客さんではありますが新規のお仕事の電話をその風呂場の休憩所で受け取りました。

「顔認証でロック解除した顔認証でロック解除した」のフリー写真素材を拡大

その後、幾度となくこの吉方位へ旅に出ているのですが、旅先でお仕事のご依頼をいただくことは必ずとは言いませんが、かなりの確率で私は電話やメールが入ります。

これは私のお客様も同じで、この話をするとお互い笑ってしまうくらい「当たり前」の話になりつつあります。

でも、だからと言って旅さえ出れば仕事が入るという短絡的な考えは、期待外れに終わることもあるので気をつけてください。

例えるなら、花咲かじいさんの隣の家のおじいさんのようになってはいけませんよ、ということです。

そんなこんなで、この吉方位を始めた年が独立してからの売り上げで一番高かったことを覚えています。

「封筒に入った紙幣封筒に入った紙幣」のフリー写真素材を拡大

吉方位の効果が出たらやめてもいい?

ただ、それで大喜びしてこの吉方位を辞めてしまうとどうなるか?

また、元に戻るんですねーーー。これは私も経験済みです。

「この日本・・・世の中を変えたい男性この日本・・・世の中を変えたい男性」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

吉方位という方位のパワーもそうですが、自分自身が自ら行動するという大切なことを忘れてしまうことが大きな原因だと思います。

仕事が忙しくなったり、プライベートが充実してくると、月に一度とはいえ一人旅をすることが面倒に思えて来たりするんですね。

これが人間の性ですね。ただこれに流されてはいけないのですね。

だからいくら良いことが起きたとしても、それを自分の実力だと勘違いせずにコツコツと続けられる人だけが、この吉方位の効果を長く受け取ることができるのだと思います。

吉方位はどうやって決めるの?

みる方によって吉方位が違うという話を聞きますが、私の場合はとても単純な方法で吉方位を探します。
吉方位というか、凶方位を外していくという消去法です。

方位は、あなたもご存知の通り「北」「南」「北西」・・・と八方位あります。
これが2018年の年盤になりますが、今年誰もが行けない方位が、北の五黄殺と向かいの南の暗剣殺、そして歳破である東南です。
また、ここからは自分の九星によって変わりますが、自分の九星のいる場所、例えば八白土星ですと東南の方位は本命殺となって行けません。また、その向かいの北西も本命的殺となって行けません。

すでに8方のうち4方位が行けなくなりました。 残る4方位ですが、北東には2018年は三碧さんがいるので八白とは相性が良くないので中吉方位となります。

中吉方位は200キロ以内なら移動できます。ちなみに中吉方位は引っ越しはできません。200キロ以内の祐気取りで使える方位です。

そして、残ったのが黄色の西南、西、東の大吉方位です。

ただし、「じゃ、今年は西南、西、東と中吉方位の北東にどんどん行ける!」とはならないのです。

月ごとに月盤もありますので、この年盤で使える方位の中でも凶が入ると排除されます。

ということで、結果的にどんどん吉方位が減っていくのです。

だからこそ、吉方位はありがたいし、吉方位がある月は吉方位へ行ってくださいと口を酸っぱくして言ってます。

大吉方位は海外旅行や引越しなどにも使える方位、中吉方位は隣県などの200キロ以内の中距離の旅に使えます。

できたら大吉方位の海外は年には1回、大吉、中吉を含めた国内は月に1回くらい行って習慣づけることが大事だと思っています。

習慣になると、行かないと「気持ち悪い」ということになって来ます。

吉方位は、様々な書籍や最近ではアプリなどで簡単に調べられます。

ただ、あくまでも「行くのは自分」です。いくら忙しくても自主的に行うことが大事であり、いつの間にか何ヶ月も空くことのないように気をつけたい(吉方位がない場合は仕方ありませんが)ですね。

私自身も忙しい方に月の吉方位や運勢などをお伝えするサービスを考えていますので、自主的にできるか自信のない方はご案内させていただきますのでぜひご利用ください。

吉方位では何をすればいいの?

これは「あなたのしたいようにする!」というのが単純明快な答えだと思います。

私の場合は、まず「楽しむ」と決めて旅に出ることからスタートです♪

早い方は旅の予約などをしている時点から、効果を感じられるでしょう。

そして、旅のお供にはいつもパワーストーンをつけて行きます。
吉方位へ行くと、パワーストーンがピカピカツヤツヤになってくるのを実感している方も多いはず。

そして、必ず行くのは神社。

海や山があればそこへ出かけて、可能であれば裸足になって歩く

地元の料理が食べられるお店をあらかじめ探しておく。

ホテルや旅館でも地酒とか地ビールなどをいただく。

天然温泉を探して泊まるもしくは日帰りプランを利用する。

「落ち着いた佇まいの和室の客室(お宿栄太郎)落ち着いた佇まいの和室の客室(お宿栄太郎)」のフリー写真素材を拡大

つまり、短い時間になるべくその土地に深く触れ合っておくことがポイントです。

その一環もあって、道に迷ったりすると地図に頼りすぎずに意識的に土地の人に教えてもらったりして話すようにしてます。

ふれあい♪ふれあい♪(くれぐれもほどほどに・・)

メッセージを受け取りましょう

吉方位では不思議と良い出会いとか、日常に戻ってもヒントになるような出来事が起こります。

誰かの口を介してメッセージが運ばれることは良くあります。

または何気なく手に取った本からメッセージが見つかることもありますね。

「「ねぇ」のジャケットってこんな感じだっけ?「ねぇ」のジャケットってこんな感じだっけ?」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

この声が旅先でよく聞けるのは、日々の忙しい中ではたとえ届けられていても聞けてないことの方が多いからだと思います。やることがあって雑念が多いのです。

そのためにも私は吉方位へは一人で行くことをお勧めしてます。

「無」の時間にいるからこそ得られる大切なメッセージ。

ぜひ、この大事なメッセージをもらいに行きましょう。

まとめ

旅に出ると、自分が今までいかに狭い窮屈な世界でイライラ、オロオロ、ガッカリとネガティブに過ごしていたかがわかります。

例えば、

Q)自分には良いところがありません。自分の可能性を見つけるには、何をしたら良いのでしょう?

といった悩みを抱えている方なら、私なら

A)絶対に言えるのは、今の自分を変える必要はないということ。

逆に今の自分を最大限に活かせるように、疲れた自分の心身を吉方位でメンテナンスしてパワーをチャージして元気に戻ってくることではないでしょうか。

と考えます。

自分の個性を殺すような「あれもダメ、これもダメ」の今までの考え方では、逆に辛くなると思っています。

気をつけたいこと

ただ、気をつけたいのは「吉方位さえやってれば」とそれ一本にかたよって後は何もしないような状態になることです。

もちろん、あなたにはあなたの目標にあった準備なども必要となるでしょうし、行動もしなくてはなりません。

「両手に手錠をかけられたドイツ人ハーフ両手に手錠をかけられたドイツ人ハーフ」[モデル:Max_Ezaki]のフリー写真素材を拡大

もし吉方位だけに期待してしまうと、気づくと吉方位に支配されて自分の力では何もできなくなってしまいます。これは一番大事な自分をなくし、あやつられることで自由を失うことになってしまいます。

あくまでも自分を生かす・支える一つの方法として、また自由を得るための効果的な方法としての吉方位、パワースポットを大人らしく利用してくださいね♪

「地球儀地球儀」のフリー写真素材を拡大

さぁ、今月はどこへ行きましょうか?ワクワクしますよね!

Pocket