どん底から這い上がりたい?それなら意識レベルを上げてみませんか?

どん底のあなたへおススメの方法があります。

私たちが生活していく中で、いろいろなことが順調に進まないときがあります。

この「どん底」の時期を自分なりにどう受け止めて、行動なり言葉なりへ変えていくか、がとても大事だと思います。

でも、どうやって受け止めれば良いのか、落ち込まずに済むのかがわからない・・

そんなどん底状態で解決の見えないのあなたへお勧めしたいのが、「意識レベル」という考え方です。

cc6f30a77e8865fdb16b274e8e71ad4b_m

意識レベル?パワーとフォースとは?

意識レベルというのは、ホーキンズ氏の考え方です。

意識レベルというものを17段階にわけています。※下表にあります。

意識レベルを選別する方法は、「パワー」と「フォース」なのです。

じゃ、パワーとフォースて何?なんですが

パワーは、ポジティブな力です。やりたいことをやるときの力。

フォースは、ネガティブな力です。やりたくないけどやらなければならないときの力。

それだけで納得しませんか? 絶対にフォースよりパワーが良いですよね。

でも、私たちの周りにはなんとフォースが多いことか。

このフォースの力に押しつぶされて、どん底を味わっている方も多いのではないでしょうか。嫌だけど仕方ないからやる。というのを長い間続けていると、いつか限界が来て何もかも嫌になってしまいます。

もしかすると、「仕方ない」というのは勘違いで、あなたが変化したくない言い訳にしていませんか?

では、あなたの意識レベルはどの辺でしょうか?

点数 意識レベル 意味
20 死に近い状態、生きるための選択ができない
30 罪悪感 自分や周囲のひとを許せない、とくに自分を責め続ける
50 無感動 絶望、希望を失う
75 深い悲しみ 悲しさ、損失、依存、後悔
100 恐怖 敵、老い、死、拒否などに対する恐怖
125 欲望 お金や名声などを得たい
150 怒り 欲望からのフラストレーション
175 プライド 人からの評価、承認
↑ここまでがフォース ↓ここからがパワー
200 勇気 探求、達成、忍耐力、決断力など
250 中立 対立を乗り越えた先
310 意欲 成功が当たり前
350 受容 自分がすべての根源
400 理性 知識や教育が財産
500 全体を扱う愛
540 喜び 慈愛
600 平和 1000万人に1人、超越、自己実現、神意識
700- 悟り 大いなる自己、無限の平和

あなたは今、どの意識レベルにいるのでしょうか?

この意識レベルのチェックは、あるべき場所へいけばチェックできるそうなのですが、考えてみれば「意識レベル」というのは、自分の心の状態ですから、なんとなく自分で判断できますよね?

きっと、どん底の状態ならば、半分より上つまりフォースのところに居るのだと思います。

この、恥からはじまる175点のプライドまでのフォースの意識レベルでは、お互いが自分の力を相手へのコントロールか依存に使おうとします。

ですから、精神的に病んだり疲れたりするわりに実りがないのです。あなたは違いますか?

最後には共倒れです。 よく、モラハラの親などは子どもに罪悪感を持たせ「お母さんに見捨てられたくない」というフォースな動機付けで親の思い通りにしようとする親もいます。

これが癖になると、モラハラを受けた子どもは大人になっても常に罪悪感を持ち続けることになります。  

でも、どちらかが「おかしい、意識レベル低くね?」って気がつけば、そのコントロール関係を終了することができるのです。そうすればどちらかの意識レベルが上がるか、もしくは双方の意識レベルが上がることになるかもしれません。

そういった意味でも、生活する上で「意識レベル」を意識しながら、言動をし続けるということはとても大事だと思います。

どうしたら意識レベルはあげられる?

この本によると、この意識レベルをあげていくには、面倒ですが1つづつ上がっていくしかないようです。

例えば、30点の罪悪感もしくは無感動のところにいるのであれば、次は「深い悲しみ」です。

今までの心の内を自分の中で吐き出して悲しみを味わうことをしなくては、次に進めないのです。

例えば、ここで気持ちを味わうことなく、焦ってプライドを満たそうとして頑張る、頑張る・・でもうまくいかない、といった空回りの努力をすることにもなりかねません。

もし、あなたがどん底だと感じているのであれば、もしかすると低い意識レベルの中で埋もれているのかもしれません。

意識レベルを上げる具体的な方法としては、さきほどの次のレベルに挑戦すると同時に、自分の意識レベルより高い人や有名人、絵画や音楽などに多く触れることです。

でも、それより先に意識レベルの低い連中との付き合いは控えていくことの方が先ですね。

もし、本当に高いレベルまで上がったのであれば、今度は多くの人のレベルを高める役目もあるでしょうが、自分がグラグラしている状態で誰かを助けることはできませんから、ぐっと我慢ですね。

つまり

・自分の意識レベルに気づき

・意識レベルを次の上の段階にすすめていく(意識レベルの低い人とははなれる)

・意識レベルを意識して付き合う(意識レベルの低い人とは付き合わない)

この繰り返しが、意識レベルのアップにつながるようです。

また、著者によればこの意識レベルですが、日本人のことを非常に高く評価しています。

全世界の意識レベルの平均を200ちょっととしていますが、日本人は400以上だと評価しているようです。

また、その国民性は他のどの国よりも高いところにあるので、世界の意識レベルを上げられるとまで言われています。私もできるような気がしています。

最後に

大事なのは、何かをはじめるってことなのかもしれません。それもなるべく具体的な行動を。

例えば、この本を読むだけで35点アップするようですし、その外にも昔読んだ本をもう一度読むとか、好きな音楽を聴く。そんなことで意識レベルはアップしていくようです。

つまり、嫌だと思うような付き合いや物事をなるべく遠ざけ、好きだなと思う人と付き合い、トキメキで欲しいものを選ぶようにしていくと、意識レベルは上がるのではないでしょうか。

それならすぐにでも出来そうですよね。

・・でも、「好きなことをする」とか「好きな人と付き合う」ということを「勝手だ」と否定する人は必ず出てきます。私は、そのような人こそ意識レベルを下げる人で避けるべき人だと思っています。

それは、自分が「義務で何かをする」とか「権利を主張する」といった、つまらない動機でものごとを行っている自分の悲しい癖を周りに撒き散らしているとしか思えないからです。

私やあなたの周りには「好き」とか「トキメキ」で満たしたい!と思ってこの記事を書いています。

このような理由からも、意識レベルの向上がどん底から這い上がるチャンスになると思いませんか?

Pocket