【五黄土星 今月の運勢】気学と易カードで九星別に占う 2018年1月(1/5〜2/3)の運勢

1月の運勢:気学ー東南 易カードー艮為山(ごんいざん) 上九 6

私のイメージでは、五黄さんが高い山の上で座禅を組んで修行している方のような感じです。

きっと周囲はザワザワ・・というかあなたの周りにはたくさんの人がいて交流を求める人がこちらを向いて笑っていたり、顔を紅潮させたりしている風景が見えるようです。

そんな中であなたは静かに呼吸をしている。
騒がしい中であなたは一人、静かにいられるのですね。

この艮為山は動かないという意味があります。これは停滞して動かないというよりは、あえて自分から動きを止める。という意味があります。
例えば、山登りで山頂までたどり着いたら、すぐに降りようとするのではなく、下の景色を眺めたり水分補給をしたり、今までの道のりを振り返ったりますよね。

そんな一ヶ月ではないかと感じました。

艮為山の前は震為雷です。雷がゴロゴロと鳴って忙しない感じがします。
きっと近い過去は忙しなかったんだと思います。

そして、今、周りは何も変わらないのに自分はストンと落ち着いている。
素晴らしいプロ野球選手はボールが止まって見える瞬間があると言いますが、そんな感じでしょうか。

これを心が整った状態というのだと思います。
もし、バタバタしている状態ならば意識的に瞑想などをして、心を落ち着かせてください。
無の状態になっているからこそ、見える景色とか人間の本質があると思います。

さらに深く読み解くための三択は、動画にてごらんください。

艮為山(ごんいざん)の説明はこちらになります。

易カード 64卦一覧表

よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク