2019年1月(1/7-2/3)の運勢 気学と易で占う

あけましておめでとうございます!

九星別の12月の占いをあげます。

一白水星  東 暗剣殺

水地比(すいちひ) 初六

水地比(すいちひ)を調べる

「人と親しくなる。」

これほど身近なことであり、これほど骨を折ることは、ないのではないでしょうか。

人と親しくなろうとすれば、いくらでもチャンスはあるのに、実際に親しくなってみると、大きく後悔することもあります。

また、一度ご縁を結ぶとなかなか離れることが難しいのも、人と親しくなることの難しさでもあります。

迎合と協力の違い、と言われることがあります。

迎合は自分の利益のために、本当はしたくないこと・・つまり親しくもなりたくない人と親しくなる。といった意味があります。

協力は、信頼したもの同士が互いのために力を合わせて向上して行く・・といったイメージです。

つまり、人としたしくなるには、「自分のため」という利己主義なところがあると、必ずうまくいかなくなるということです。

また、好きでもない人と親しくなろうとする自分がいるならば、ぜひ相手をみるよりも自分の心を観てください。

「なぜ、私は好きでもない相手と親しくなろうとするのか?」

今月はこういった「人と親しくなる」ということの本質を学んでみるのではないでしょうか。

それがわかれば、この先誰と親しくなるのかがはっきりすると思います。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 北東(大吉)

二黒土星  東南

易カード 沢雷随(たくらいずい)九四

沢雷随(たくらいずい)を調べる

「能ある鷹は爪を隠す」と言いますが、あなたの爪隠しも限界に来つつあるのかもしれません。

あなたの実力や人徳は、すでに上司なのか、師匠なのか、先輩なのかを飛び越えてしまいそうなほど、多くの人々から信頼を得ているようです。

「あなたの方が○○に適しているわ」

「なぜ、あなたが部下なの?」

などという声が聞こえてくると、心はざわつくものです。

「もしかすると?」という気持ちが起きてもおかしくありません。

そうなるとピンチなのは、あなたの上司とか師匠とか先輩ですよね?

あなたが自分を飛び越えてしまわないかと、疑いの目を向けるかもしれません。

こんな時、どうしたら良いのでしょう?

他の人があなたを信頼しているように、上司とか師匠とか先輩からも、信頼してもらうというのが、一番の方法ではないでしょうか。

それは、自分を軽んじることでもないし、相手にごますりすることでもありません。

・・そのままで良いのです。

表面的に繕うことは、人からは丸見えですから。

あなたの信頼を上げるには、あなたに不信感を抱く可能性のある人すら、信頼に転じてもらうことではないでしょうか。

ここまで登りつめたという自分の成果を喜びつつ、それによって生まれた新たなテーマに、ぜひ取り組んでみてください。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 北東(中吉)

三碧木星  中宮

易カード 山火賁(さんかひ)初九

山火賁(さんかひ)を調べる

テレビの番組か何かで、大きなプレゼントと、小さなプレゼントが並べてあって、「どちらを選びますか?」というような企画がありますよね?

人間の心理とは面白いもので、大きいものは良いものだと思ってしまいがちなのでしょうか?

大抵の人が大きなプレゼントを選び、無駄に大きな日用品などを当ててしまうことがあります。

今月あなたの目の前に、大きなプレゼントと、小さなプレゼントが並べられるかもしれません。

先ほど言ったように、大きなプレゼントはハズレという話ではありません。

また、プレゼントという形ではないと思うし、2択でもないと思います。

つまり、あなたの中で何かを「選択」する必要が生まれるのではないかと思います。

その時に、この大きなプレゼントと小さなプレゼントを思い出してほしいのです。

この人の中身はどうなのか?

この話の本当の目的は何なのか?

といった、本質的なことに目を向ける必要がありそうです。

今まで、あなたが雰囲気とか見た目とか「なんとなく」で、いろんなことを選択して来たのであれば、本質の見極めはとても難しく、何度も失敗する必要があるでしょう。

そう、「失敗するでしょう」ではなく、「失敗する必要があるでしょう」です。

つまり、失敗するのは当然なので、最初にたくさん失敗しておきましょう、ということを伝えたいです。

そして、その失敗はなるべく小さなもので練習するといいですね。

何気ない毎日の選択に対しても、意識をして「選択する」と良い練習になると思います。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 北西(大吉)

四緑木星  北西

易カード 火水未済(かすいびせい)六五

火水未済(かすいびせい)を調べる

1年を終えるに向けて、象徴的な易カードが出た感じがします。

あなたの心はどうでしょうか?

「散々な目にあった」方もいるでしょうし

「それなりに良かった」方もいるでしょう。

どのような四緑の方にも共通しているのは、道中あちこちに傷を作りながらも、それを気遣うこともできないほど、突っ走って来たということではないでしょうか。

しかし、イラストの人物を見てください。やけに落ち着いてますよね。

「もう、やることはやりきった。あとは座禅でも組んでゆったり待とう」という心境ではないでしょうか。

今までの不安定で先の見えない状況を走り続け、それを乗り越えてもなお、道は真っ暗のようです。

でも、その道の先に1ミリくらいの光のような点を見つけたようなイメージでしょうか?

その光は、狂喜乱舞するような華やかな光ではないかもしれません。お線香の小さな光かもしれません。

「なんだ、これだけやってその程度か」と思われたでしょうか?

「それでも良い。やることはやった」と思えたならば、あなたの心は大きく成熟したしるしかもしれません。

見返りを求めない心、これは強い自我を育みます。

もう力まずに、静かに今までの道のりを振り返る時間を作ってみてはいかがでしょう。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 なし

五黄土星 西

易カード 火山旅(かざんりょ)九四

火山旅(かざんりょ)を調べる

先月、目標設定の話をしましたが、今月どんな形かわかりませんが、スタートを切るのではないでしょうか?

何かをスタートさせるのは、年齢を重ねるほど難しくなります。

なぜなら、人は変化を嫌う生き物だからです。

でも、変化をしなければ不変かというと、そんなことはないですよね。

嫌だと思っている会社にい続けることで、永遠の不変が得られるわけではありません。

メンタルが病んでしまうかもしれませんし、会社から必要とされなくなる可能性だってあります。

だからこそ、何歳になっても変化を恐れず・・と言われますが、なかなかエネルギーのいることだと思います。

でも、人が変化をしようと決めるときというのは、大抵がピンチというか、それ以外に選択肢がないと思えるまで行き詰まっていることが多いですね。

今のあなたは、そんな心境ではないでしょうか。

それは、人はピンチというかもしれませんが、あなたにとってはチャンスなのです。

ただ、何かをはじめても最初からうまくいくなんてことは滅多にありません。

少し挑戦して、また戻って、再度スタート。を続ける覚悟でスタートしてください。

最初に訂正するのは簡単です。進みきってから出直すのは、本当に大変です。

ぜひ、柔軟で若々しい心でスタートしてください。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 北東(中吉)

六白金星  北東

易カード 雷風恒 (らいふうこう)初六

雷風恒 (らいふうこう)を調べる

「好意があっても伝わらない」と思ったことはありませんか?

相手に良かれと思って言ったことも、逆に迷惑がられてしまったなど、自分の思いがなかなか通じないことも多いと思います。

これはコミュニケーションがうまくいかないというのでしょうか?

ただ、コミュニケーションがうまくいかないなら、普通は疎遠になっても良いはずですが、そうならないとすれば、「一緒にいるのが当たり前だ」という思いがあるからかもしれません。

これは、言い方は悪いですが、「離れるはずがない」と、関係性に甘えているから出てくる思考かもしれません。

この「一緒にいるのが当たり前だ」という前提について、今回は考え直して見る必要があるかもしれません。

好意があったとしても、一緒にいるのが当たり前だと思っていたとしても、「あなたの思い通りには人は動かせない」ことを知る必要がありそうです。

あなたの意思はあなた自身がつらぬけば良いのです。

相手には、相手の意思があるのです。

あなたのアドバイスに従わない人、離れて行く人がいるならば、それはそれで手放しましょう。

そうすることで、あなたのやるせない気持ちも解放することができると思います。

この手放す作業は、相手のためにするのではなく、自分のためにするのです。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 なし

七赤金星  南 

易カード 水雷屯(すいらいちゅん)六二

水雷屯(すいらいちゅん)を調べる

最近、人気があって困るくらいではないでしょうか?

こんなことを言うと、「調子に乗って・・」と受け取る人も多いとは思いますが、人気があると言うのも、本当に困りものだったりします。

ある有名なタレントがSNSに追っかけに困っていると言う投稿をしてましたが、そんな感じかもしれません。

変な言い方をすると、需給と供給のバランスが崩れていると言うことです。あなたが求める人以上に、あなたを求めている人がいると言うことですから。

そうなると、どうなるか?

「私のもの!」と奪い合いがおきます。

うれしい悲鳴のようですが、それによって本来の相手との間に隙間風が吹くようなことがあっては悲しいですよね。

このように、残念ながら人に理解されない悩みに右往左往させられるかもしれません。

中にはあなたの本質を知らずに、あなたの持っているモノや権威などを目当てにしている人がいるかもしれません。

このような人に利用されると、身の危険にも繋がりますので、十分に注意をしてください。

ここでしっかりと自分を信じて貫くことができたら、また安定するでしょう。

人気者には人気者の悩みがあると言うことを、経験してみてください。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 北東(中吉)

八白土星  北

易カード 雷地豫(らいちよ)九五

雷地豫(らいちよ)を調べる

12月と同じカードになります。

先月は、自ら孤高孤立を選ぶ。とありましたが、思いのほかまだ孤高孤立が続いている感じがします。

もしかすると、年末年始などのイベントで楽しみすぎて、いま寂しい気持ちになっているのかもしれないですね。

人の消費の多くは、「孤独」を避けることが目的ではないかと、最近感じることがあります。

家も車も、リア充(?)も・・・。

それが、イベント、パーティー、催し、毎年決まりの・・などなど。

そうやって日々を通過して行くことが、生きることなのかもしれません。

そこで人生を終える人が、過半数なのかもしれません。

でも、もう少し深く考えてみようとすると、最初に言った「孤独」に向き合うことになるのかもしれません。

今のあなたは、そんな高い意識レベルまで到達しそうなところにきているのかもしれません。

ただのイベント、日々を埋めるための行事などに疑問を持ち、本当の楽しみとは何なのか、ふと考えてしまうかもしれません。

そこまで心が整いつつあるのかもしれないですね。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 北東(中吉)

九紫火星  西南 月破

易カード 天風姤(てんぷうこう)初六

天風姤(てんぷうこう)を調べる

あなたが進もうとする方向、やっていることに対して、「近道」とも思えるような、言い方を変えるとチャンスだと思える流れを感じるかもしれません。

「近道」という言葉を使ったのは、本来の道、王道とは違うと感じたからです。

同じところへ到達するならば、「近道」だろうが「回り道」だろうが関係ないと思われたでしょうか。

ただ、「近道」なだけに、途中で道が閉ざされていたり、だれかに指摘されたりする可能性もあると言うことです。

そこをあえて進むのか、本来の道を進むのか。

どちらにしても、あなたが進む道、近道にしろ王道にしろ、その地下にはあなたの知らない大きな力が働いている感じがします。

だから、何かチャンスだと思ったら思い出してください。

「どっちを選んでも、結果は同じだ」と言うことを。

言葉を変えると、「最初から結果は決まっている」と言うことなのでしょうか。

だから、表面的なテクニックなどに夢中になりすぎないようにしたほうがいいかもしれません。

2019年1月(1/7-2/3) 吉方位 北西(中吉)

気学大好きオリジナル 易カード販売中!

よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク