【三碧木星 今月の運勢】気学と易カードで九星別に占う 2018年4月(4/5〜5/4)の運勢

4月の運勢:気学ー中宮 坎為水(かんいすい)

3月の三碧さんを一言で言うとこんな感じです。

「2つの大きな難題を乗り越えよ」ということです。

これはビックリしたのですが、先月は四緑さんが中宮で坎為水(かんいすい)だったのです。

これはですね、私も経験しましたが「これでもか」というくらい肝試し的な難題がふりかけられました。

上の方から声だけで「この難題にあなたはどう応えるの?」と言われているような気分に何度もなりました。
言い方は悪いですが、テレビでビックリさせる番組があるじゃないですか、あんな感じですね。

あの反応によって罠にかけられた芸能人のことがもっと好きになったり、「なんだこの程度の人か」とガッカリすることがありますよね。あれって私たちが本質を知りたい生き物だからだと思うのです。
うわべではいくらでもオスマシできますからね。

そう、あなたも今月は同じような体験をするかもしれません。でも、なんだろうそれ自体は怖いものではないと私は思いました。

起きる出来事って、当たり前といえば当たり前なんですよね。変化するのが当たり前だとわかっていればです。
でも、私たちが変化したくないから過去のままでしがみつきたいだけなんだと思いました。

メッセージとして「雨は誰にでも平等に降り注ぎます」ということなんですね。これは坎為水(かんいすい)が水だから雨に掛けていると思うんですけどね。
そして、たまたま今月は三碧さんがその雨のタイミングだということです。恐れることはありません。

さらに深く読み解くための三択は、動画にてごらんください。

坎為水(かんいすい)の説明はこちらになります。

易カード 64卦一覧表

気学大好きオリジナル 易カード販売中!

よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク