【八白土星 今月の運勢】気学と易カードで九星別に占う 2018年3月(3/6〜4/4)の運勢

3月の運勢:気学ー南 易カードー火沢睽(かたくけい)

3月の八白さんを一言で言うとこんな感じです。

「お互いに成長できるか試されるとき」ということです。

先月、沢山咸(たくざんかん)で出会いやドキドキするようなことがあり、今月は火沢睽(かたくけい)で喧嘩しているって面白い流れですよね。

ようやく自分の言いたいことも言えるようになってきて、今度は相手の欠点が見えてきたり、「こうしてよ」というような期待も生まれてきたのでしょうか。

喧嘩して地固まるって言いますよね。まさにそこのレベルまできたってことでしょうか。

しかも、相手が特にプリプリしているようですね。上の卦が火ですから相手を指すのですが、メラメラしています。

それに対してあなたは、沢。冷たく静まり返った沢のようになっているのではないでしょうか。

でも、火沢睽(かたくけい)は絶縁というような恐ろしい意味があるわけではありません。喧嘩するほど仲が良いという感じです。

でも、喧嘩するのは嫌ですよね。では、どう受け止め行動したら良いでしょうか?

普通の人は相手との考え方や性格の違いを、単にデメリットだと受け止め悲観します。

でも、もっと魂のレベルが上の人は、その違いの中に共通点や同じ志などを見つけることができます。

あなたが少しレベルを上げて、少し上から相手をひきあげてやってください。「ほら、おいで」と。

心が整ってきている八白さんなら、きっとできるように思います。

さらに深く読み解くための三択は、動画にてごらんください。

火沢睽(かたくけい)の説明はこちらになります。

易カード 64卦一覧表

よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク