【九紫火星 今月の運勢】気学と易カードで九星別に占う 2018年4月(4/5〜5/4)の運勢

4月の運勢:気学ー南西 易カードー水沢節(すいたくせつ)

4月の九紫さんを一言で言うとこんな感じです。

「新たに少しづつ貯めていく」ということです。

先月余計なものを排除して、だいぶ綺麗になったのではないでしょうか?

これはお部屋だけでなく、人間関係やお仕事のやり方かもしれません。

そして、今月は水沢節(すいたくせつ)です。竹のイラストがありますが、竹には節があって、なぜか一定の距離で綺麗に並んでいますよね。
節目と言ったりします。

このように水沢節(すいたくせつ)は、区切りとかタイミング、節度などの意味があります。

また、タロットカードの法王と似た意味合いがあって、バランス感覚を持てというようなメッセージもあります。

さっき排除して綺麗になったと言いましたが、断捨離をしすぎたらミニマリストのように何もなくなってしまうかもしれません。

そうなると「不便だな」と感じた人は、少しづつモノを足して行きますよね。そんな時期なんじゃないかと思います。
でも、その足し方は今までのような買い物ではなく、相当吟味して行くと思うんです。

そんな一ヶ月になるのかなと思います。

九紫さんの中にも、今のまま断捨離を続ける人もいれば、やめる人、ため出す人がいると思います。

どちらにしてもストレス発散のような買い物はしないと思います。それを覚えるための一連の流れだったのかもしれません。
きっと今までのやり方では、これからは難しくなってくるということだと思います。

節約上手そして、高いパフォーマンスが出せるようになるのだと思います。

さらに深く読み解くための三択は、動画にてごらんください。

水沢節(すいたくせつ)の説明はこちらになります。

易カード 64卦一覧表

気学大好きオリジナル 易カード販売中!

よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク